青春のシンボル、思春期ニキビ

中学生になったら顔中にニキビができて、憂鬱になる男の子はたくさんいます。人の目が気になりはじめる時期でもあるので、一つでもニキビを見つけるととても気になり増えるごとに気持ちが沈んでしまいます。

しかし安心してください

 

この時期に出来るニキビは思春期ニキビといって、成長するにつれて次第になくなっていきます。跡が残らないように適切にケアをしていけばそれほど大変な事ではないのです。

第二次成長が始まって思春期に入ると、成長ホルモンや男性ホルモンの分泌が盛んになります。これは体が大人になっていくために必要な作用で止めることはできませんし、無理にホルモン分泌を少なくすると大人になってから体に異変が起こったりします。

つまりホルモンの分泌が増えるのは自然な成長の証なのです。

ニキビの発生のメカニズム

余分に分泌された皮脂が汗や汚れと混ざって毛穴に詰まり、そこからアクネ菌が増殖することで起こります。アクネ菌は誰の皮膚にもいる常在菌で、普通の状態なら肌のバランスを整える役割を持っています。決して肌を傷める菌ではありません。

 

しかしアクネ菌が異常に増えてしまうと、ニキビができて炎症に繋がってしまいます。アクネ菌は皮脂をとても好むので、分泌が増える思春期にはニキビも増えてしまうのです。

思春期ニキビ 男子

 

思春期になると増える男性ホルモンは、額から鼻にかけての顔のTゾーンの皮脂の分泌を促す作用があります。
成長期には新陳代謝も活発になっているので汗もよくかきます。まさにアクネ菌が増えるにはとても良い条件が揃ってしまうのです。

 

過剰分泌された男性ホルモンは時期がくればゆっくりと適正な量まで減っていきます。無理に対策を取らなくても、思春期ニキビはやがて消えていくことになります。

 

だからと言って増やし放題にしてニキビだらけの顔でいるわけにはいきません。清潔を心がける事がとても大切になります。

 

思春期ニキビのケア方法

 

1日2回朝と晩には必ず洗顔

 

洗った後はしっかり保湿

 

不必要にニキビに触らない

 

 

思春期ニキビは誰にでもできると放っておいても、気にして手当しすぎてもいけません。適度にマメにケアをしてニキビ跡が残らないようにしましょう。

 

 

 

 

>>リプロスキン お試しトライアル TOP