ニキビの改善と予防に入浴が有効?

直接のニキビ発生の原因は、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まりアクネ菌が繁殖することにあります。単純に考えると毛穴に詰まっている皮脂を取り除くことができたら、ニキビは発生しないことになります。

入浴には1日の疲れを癒やし、心身共にリラックスができ、健康にとても良い効果があります。そして本当にニキビケアができるのです。ここではニキビケアに良い入浴方法をご紹介していきます!

 

必ず湯船につかる

 

ニキビ 入浴方法1

少し温めのお湯にゆっくりとつかると、閉じていた毛穴が次第に開いていきます。

 

皮脂が詰まっていても、お湯の効果で毛穴の中まで洗うことができるので湯船で温まってから体を洗うととても効果的

 

一番最初にシャンプーをする

 

ニキビ シャンプー

シャンプーやリンス、コンディショナーが背中に残ると、それだけでニキビが増えていくことになります。最初にシャンプーをしてから体を洗うと、石鹸が他の汚れと一緒にシャンプーを洗い流してくれる

 

シャワーを浴びただけでは十分に濯ぎ流すことができないシャンプーやリンスを、確実に落とす方法は石鹸で洗う事です。

 

やさしく洗う

 

ニキビ 洗い方

ニキビに刺激を与えると化膿をして悪化させてしまいます。合成界面活性剤の入ったボディーシャンプーなどは、ニキビにとっては刺激になるので、無添加の石鹸などで手のひらを使って優しく洗いましょう。

 

決してタオルや垢すりでゴシゴシと擦ってはいけません。布の刺激もニキビの悪化やニキビ跡につながっていきます。

 

保湿を忘れずに

 

ニキビ 保湿

十分に温まって体を洗って清潔になったら、最後に保湿ケアを忘れてはいけません。

 

入浴後の毛穴が開いて皮脂が少なくなった肌は水分を保つことができません。せっかく潤った水分は、どんどん蒸発して乾燥肌が出来上がってしまいます。

 

そのままにしておくと肌を守るために皮脂の過剰分泌が始まり、ニキビが増えていきます。入浴後は必ず保湿剤や美容液などで保湿ケアをしてください。

 

正しい入浴法はニキビケアにとても有効

 

ニキビケアの他にも、肌全体にもとても良い効果があります。入浴して体が温まると血行が良くなり、新陳代謝も向上します。これは肌の再生能力を高めることにもなるので、ニキビで痛んだ肌を回復することができます。

 

それに体を温めると緊張が解けてリラックスできます。ストレスを感じて固まっていた体がほぐれると、寝付きもよくなり睡眠不足の解消にもつながります。大人ニキビの原因の一つであるストレスと、上手く解消する手助けにもなるのです。

 

 

 

>>リプロスキン お試しトライアル TOP