食べ物で悪化するニキビ

一般的に男性が好む食べ物はニキビを悪化させる傾向が強くなります。

ニキビに悪い食べ物1

 

ナッツ類

 

揚げ物

 

肉類

 

などの脂肪分の多いものや、

 

ラーメン

 

激辛カレー

 

などの香辛料をたくさん使っている料理も刺激が強すぎてニキビには良くないと言われています。

 

ニキビに悪い食べ物2

ポテトチップスやチョコ

 

カップ麺

 

お酒

 

肌には悪い影響があるとされています。

 

もちろん少し食べるだけではそれほど大きな影響はないでしょう。しかし男によく見られる傾向として、とことん食べてしまうのです。

ニキビに悪い飲み物

 

ポテトチップスをおつまみにビールを飲んで、辛いカレーやラーメンを食べるのを繰り返していると健康にも良くありません。
これではニキビは消えるどころか増えてしまいます…

 

 

 

 

肌と健康に良い食事

 

食材と栄養のバランスが良いメニューです。かといってカロリー計算をしながら食事の内容を考えるのは、なかなか面倒になるでしょう。こんな時に頼りになるのは和食を中心にした食事に切り替える事

ニキビに良い食べ物

 

基本的に和食は脂肪分が少なく、野菜をたくさん使用します。出汁を多様するので塩分も抑えられ、歯ごたえのある食材で噛む回数も増えます。

 

ニキビ予防に効果的な栄養素は、

ビタミン類

 

コラーゲン

 

ミネラル

 

などがあります。

 

ビタミンA

 

にんじん、かぼちゃ、紫蘇などに多く、ビタミンB2は卵、藻類、うなぎ、乳製品に。

 

ビタミンB6

 

まぐろ、かつお、鶏ささみなど、ビタミンCは里芋、サツマイモなどの芋類に

 

ビタミンE

 

レバー、うなぎ、かつお、緑黄色野菜にたくさん含まれています。

 

ミネラル

 

チーズや昆布、穀物、牡蠣などにあります

 

コラーゲン

 

鶏皮や鶏軟骨などに豊富です。

 

ニキビには和食

どれも一般的な和食によく使われる食材ばかりです。しかも和食に欠かせない醤油や味噌は大豆の発酵食品ですから、タンパク質や糖質、脂質を適度にとることができます。

 

いずれも肌の再生と維持には欠かせない栄養素ですから、和食を食べていると自然に体に取り入れることができるのです。

 

ニキビを予防するには、肌を健康に保って新陳代謝を活発にすることです。油物ばかり食べていては、栄養のバランスが崩れ皮脂の分泌が多くなり、ニキビの発生に繋がります。皮脂が多いのは体質でどうしようもないと思っているかもしれませんが、食事内容と日常生活を見直すことで十分に改善ができるのです。

 

栄養のバランスが取れた和食を中心にして、肌と体に良い食事を心かげましょう。

 

 

>>リプロスキン お試しトライアル TOP